沖縄のカルト・怪事件情報

善良な沖縄県民を支配する『闇の勢力』とは?

Category: 沖縄ニュース

島袋恵祐(しまぶく・けいすけ)氏 沖縄県議選に出馬!

 「しまぶく恵祐」応援団ブログ「KSK2014☆いざ出陣!」

http://shimabukukeisuke2014.ti-da.net/

「しまぶく恵祐」ごあいさつとプロフィール

ksk2014

*****ごあいさつ*****

『1人1人の命を大事にする沖縄を目指して』

 この度、急ではございますが、沖縄県議会議員・沖縄市区補欠選挙に立候補を決意致しました、島袋恵祐と申します。限られた時間の中で、無謀な事と思われるかもしれませんが、どうしても、止むに止まれぬ思いがあります。まず、その思いを聞いて下さい。

■兄の死と「命の雫」裁判
 私と双子の兄は18歳で自衛隊に入隊し、20歳の時、兄が帰らぬ人となりました。
その突然の死について、脳挫傷や多数の傷があったにも関わらず、詳しい調査もせず、1人の命を簡単に「格闘訓練中の事故」として片付ける国に対し、家族で起こした「命の雫」裁判は、たくさんの方々にご支援を頂き、2013年に国が責任を認める形で勝訴できました。しかし「秘密保護法」や「集団的自衛権」など、ますます国によって人権が脅かされようとしています。これ以上、兄のような犠牲者を出したくないと心から願っています。

■裁判でお世話になった方の「辺野古」での死
 沖縄県民の大多数が反対しているにも関わらず、辺野古の新基地建設計画は今も強行されており、沖縄県民の声に全く聞く耳を持たない日米両政府の姿勢は、もう我慢できません。そんな中で、去る10月19日、辺野古の海で新基地に反対する船長が海難事故で亡くなりました。その方は「命の雫」裁判でも多大な支援を頂いた方でした。もし日米両政府が県民の声を真摯に受け止め、仲井真知事が新基地建設計画から撤退していれば、失わずに済んだ命です。許す事が出来ません。

■「命」を守る為の政治が活きる沖縄へ
そんな不条理な政府の大きな圧力に対して、小さな島・沖縄は長い間、非暴力で抵抗してきました。そのリーダーであるべき仲井真知事は、4年前の選挙で県民と約束した「基地は県外」をいとも簡単に覆し、県民を裏切ったのにも関わらず「良い正月を迎えられそう」と発言しました。今もなお反省の色も見えない仲井真氏の3期目を許すわけにはいきません。きたる沖縄県知事選では、オナガ雄志さんとともに、「真の21世紀ビジョン」を実現していきたい!そして沖縄県民のアイデンティティーを取り戻したい!その思いを実現する新知事を誕生させ支える為にも、県議補選沖縄市区の大切な1議席を政府側に渡してはいけない!という思いから、出馬を決意致しました。

 もちろん自分1人の思いだけで実現できる事ではない、大きな挑戦なので、諸先輩方にも相談をし、ご指導や激励を頂いている内に、ますます決意を強くしている所であります。「1人1人の命を大切にしたい」という決して揺るがない強い思いで、オナガ新知事を支える柱の1本として、ご支持・ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。



+++++プロフィール+++++
島袋 恵祐(しまぶく・けいすけ)

昭和61年 沖縄市高原生まれ 28歳
父 勉、母 律子 3人兄妹の次男

学歴
沖縄市立高原小学校卒業
沖縄市立美東中学校卒業
沖縄県立北中城高等学校卒業

職歴
2005年3月~2006年12月 陸上自衛隊
2006年12月~ プラモデル店四駆堂

活動
沖縄市高原自治会評議員議長
沖縄市学校運営協議会(美東中学校区)副会長
沖縄市青少年指導員
沖縄市クリーン指導員
命の雫裁判(自衛官格闘訓練中暴行死事件) を支援する会・沖縄 元事務局
島マス記念塾21期 会長
島マス記念塾後援会 理事


**********お問い合わせ**********
(仮)しまぶく恵祐事務所:
沖縄市高原5-1-3-102
TEL070-5810-8798 
FAX098-993-5899
しまぶく恵祐応援ブログ『KSK2014☆いざ出陣!』
http://shimabukukeisuke2014.ti-da.net/   


沖縄の人たち台風19号むかってるよー!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000030-jijp-int.view-000

ここから本文です

宇宙ステーションから19号撮影




宇宙ステーションから19号撮影

時事通信 10月10日(金)10時3分配信

地球を高度約400キロで周回する国際宇宙ステーションから撮影した、大型で非常に強い台風19号。米宇宙飛行士リード・ワイズマンさんが10日までにツイッターに投稿した(ワイズマンさんのツイッターから)



台風情報ーウェザーニュース

http://weathernews.jp/typhoon/



らい君に支援を 救う会、移植へ募金活動

★沖縄在住 難病の子供を助けよう!





らい君に支援を 救う会、移植へ募金活動

2014年9月24日  琉球新報

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-232044-storytopic-1.html


LAIKUN  TASUKERU

寄付を呼び掛ける支援者ら=23日、北谷町のイオン北谷店前



 【北谷】難病の心筋炎後心筋症を患う北谷町の松島良生(らい)君(12)=桑江中学校1年=の支援者らが23日、米国での心臓移植手術などに必要な資金を集めるため、北谷町のイオン北谷店とカーニバルパーク美浜で募金活動を行った。

 活動には「らい君を救う会」メンバーのほか、町内の小中学校の児童・生徒らも参加し、プラカードやのぼりを掲げながら寄付を呼び掛けた。良生君の渡航手術のためには11月30日までに2億1500万円の費用が必要で、支援者らは協力と支援を求めている。
 らい君を救う会は、街頭募金のほか、各銀行でも募金を受け付けている。問い合わせは事務局(電話)098(989)7798。ホームページは

http://rai-aid.com



↑このページのトップヘ