沖縄のカルト・怪事件情報

善良な沖縄県民を支配する『闇の勢力』とは?

Category: 沖縄県知事選挙


【沖縄県知事選】喜納昌吉氏が「翁長候補の票割り狙い」と告白!IWJの取材で明言!右翼系のチャンネル桜に出演も!やはり、分断要員だった! 


真実を探すブログ

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4386.html

20141104151414sdfi.jpg

*チャンネル桜に出演した喜納昌吉氏
沖縄県知事選に立候補を表明した喜納昌吉氏ですが、ここに来て彼が翁長氏の票を割るために出馬をした可能性が高まっています。株式会社「IWJ(Independent Web Journal:インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)」の代表をしている岩上安身氏によると、彼が取材をした時に喜納昌吉氏は「翁長候補の票狙い」と明言していたとのことです。
また、最近では田母神氏らのような右翼系と深い関係にあるチャンネル桜に出演していることからも、喜納昌吉氏が向こう側の人間である可能性を示唆していると言えます。

当ブログでは彼が出馬を表明した直後から疑問を投げ掛けていましたが、やっぱり票割れ誘導要員でしたね。今のところは沖縄県民の決断は固く、翁長氏が優勢を保っています。ただ、票割れを含めて、自民党側はあらゆる手段を使ってきているので油断は禁物です。
残念なのは、前から熱心に活動していた山本太郎議員らも喜納昌吉氏の応援をしている点で、何とか彼には喜納昌吉氏の支援を取り下げて欲しいと私は思っています。
*山本太郎議員の友人である三宅洋平氏が喜納昌吉氏とかなり仲が良い模様。


☆【アーカイブ】沖縄の声-特番!沖縄県知事選挙告示目前!立候補者の「喜納昌吉」氏との緊急対談[桜H26/10/28]


☆【分断工作の動かぬ証拠!?】沖縄県知事選:喜納昌吉陣営が「翁長候補の票狙い」と告白。
URL http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/7bd00e763ab753264d40b9ea5a1475c0

引用:
>喜納陣営は、私の取材を受けた際、「翁長候補の票狙い」と、はっきり明言。

岩上氏のツイートでハッキリしましたね。
本当に分断工作でしたね。
「仲井真氏の票狙い」ではなく「翁長氏の票狙い」、これを分断工作といわずしてなんと言う。
こんな奴を持ち上げた、山本太郎や斉藤まさし、その他いろいろは同罪でしょう。
最低ですね。
喜納は4年前に民主党県連代表として辺野古移設を容認してる張本人ですからね。
最悪です。

■山本太郎も同罪ですよ。
山本太郎もこの件に関しては。「翁長氏は弱み握られてるかも」とツイートして、喜納の「辺野古移設容認」や「嘉手納統合案容認」などの都合の悪い部分には一切触れず。
これを悪質と言わずしてなんという。
「辺野古の海を守りたい」とか言いながら、沖縄知事選では翁長氏をクサすだけで沈黙なんて、本当にヒドいと思いますよ。
:引用終了




yara__biggerYARA CHOSUKE
屋良朝助さんがリツイート


喜納昌吉氏は金正恩の誕生を祝賀したセミナーに参加していた!


★セミナーでは、喜納昌吉氏があいさつし、人類は地球を何回も破壊することのできる核兵器を保有

していること、また福島原発事故に言及しながら、破壊する文明ではなく創造する文明の流れをつく

っていかなければならないと語りました。



北朝鮮:チュチェ思想全国セミナーが沖縄で開催される2013,1,13

ヘリオス40の沖縄(琉球)裏情報


チュチェ(主体)思想

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E4%BD%93%E6%80%9D%E6%83%B3


沖縄県内の北朝鮮人脈とは?

http://ameblo.jp/helios40-okinawa/entry-11308964215.html




金正恩第一書記の誕生を祝賀し

チュチェ思想全国セミナーが沖縄で開催される(2013,1,13)

http://dprkj.v.wol.ne.jp/130201.htm



1月13日、那覇市のホテルオーシャンにおいて金正恩第一書記の誕生を祝賀し「自主・平和のための

チュチェ思想全国セミナー」がチュチェ思想研究会全国連絡会(全国チュチェ研)と金日成・金正日

主義研究沖縄連絡会の主催で開かれました。

 
セミナーには、全国チュチェ研会長の佐久川政一・沖縄大学名誉教授、チュチェ思想国際研究所事

務局長の尾上健一氏、アーティストで参議院元議員の喜納昌吉氏、沖縄大学名誉教授の平良研一氏、

沖縄県議会議長の喜納昌春氏、金日成・金正日主義研究沖縄連絡会事務局長の仲里修・全駐労マリン

支部元委員長、全国チュチェ研事務局長の花輪不二男氏、金日成・金正日主義研究会副会長の住谷圭

造氏など全国各地の約100名が参加しました。
 

セミナーにはまた、参議院議員の山内徳信氏からあつい連帯のメッセージが寄せられました。

 セミナーでは、喜納昌吉氏があいさつし、人類は地球を何回も破壊することのできる核兵器を保有

していること、また福島原発事故に言及しながら、破壊する文明ではなく創造する文明の流れをつく

っていかなければならないと語りました。

 セミナーでは佐久川政一・沖縄大学名誉教授が「チュチェ思想に学び、沖縄の自主・平和をきず

く」と題して、朝鮮大学校の宋明男助教が「自主時代を導く金正恩第一書記」と題して報告しまし

た。

 佐久川名誉教授は、米軍が存在することによって引き起こされてきた沖縄における事件や事故につ

いて紹介し、チュチェ思想にもとづいてこそ沖縄を自主化し、日本を自主化することができると強調

しました。

 セミナーではまた、沖縄県議会議長の喜納昌春氏が、米軍基地をなくし沖縄を平和な島にするため

に日々奮闘している運動の状況について報告し、平良研一・沖縄大学名誉教授は、民衆が主体となっ

てこそ、日米安保を中心とするアメリカへの従属構造をかえ平和な主権国家を構築することができる

と力強く述べました。

 沖縄で開催された本セミナーは、金日成・金正日主義に学び、日本の自主・平和をきずくための運

動が地域にしっかり根ざしてすすめられていることを示すものとなりました。


*  *  *



 セミナー終了後、那覇市のさいおんスクエアにおいて「明日をひらく芸能の夕べ」が開かれ、全国

各地のチュチェ思想研究者は「八重山伝統舞踊 勤王流トキの会 道 舞踊研究所」などによって披

露された沖縄の伝統的な踊りを観賞しました。

 セミナーを前後して、各地のチュチェ思想研究者は、普天間基地や嘉手納基地、平和祈念資料館、

ガマなどを訪れ、米軍基地の存在する沖縄の現状やかつての沖縄戦の歴史を学びました。


Copyright 金日成・金正日主義研究会. Allrights reserved.






朝鮮総連工作員―『黒い蛇』の遺言状 (小学館文庫)/小学館

¥520
Amazon.co.jp




沖縄県知事選 大城氏は不出馬!

大城氏は不出馬

MABOROSI TIJIKOUHO


2014 10,31  沖縄タイムス

琉球独立を政策に知事選出馬を表明していた
経営コンサルタント会社代表の大城浩氏(48)
は30日、出馬を断念した。

県選挙管理委員会への供託金を支払えない
ことを理由としている。


計画が狂ってきた『反琉球独立ネット右翼』

http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-606.html



2014年10月 8日 (水)

埋立承認撤回・取消確約求めるシンポ開催成功



植草一秀の『知られざる真実』


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-0ae0.html

昨日、10月7日(火)午後6時半から、沖縄県那覇市国際通りにある、てんぶすホール(てんぶす那覇4F)にて、シンポジウム


「埋め立て承認撤回なくして 辺野古は守れない!」


が開催され、盛況裏にシンポジウムを終えた。来場された県民の方の多くが、「目からうろこ」の感想を持たれたようである。


主催はNPO法人:ピースメーカーズ・ネットワーク


http://goo.gl/e38hzF


11
16日に実施される沖縄県知事選における最大の選挙争点となっている辺野古米軍基地建設問題について、これを阻止するためには、


新知事による埋立申請承認の撤回または取消の行動が必要不可欠である。


翁長雄志氏は現段階では「撤回または取消」を公約に掲げることを拒絶している。


この現状を踏まえて元参議院議員の喜納昌吉氏が知事選への出馬を表明した。


私は、現時点では、翁長氏が「撤回または取消」を明確に公約に掲げることにより、翁長氏を辺野古米軍基地建設阻止を求める県民の統一候補者とすることが望ましいと考えている。


しかし、最終的に翁長氏が埋立申請承認の「撤回または取消」の公約化を拒絶する場合には、これを明確に公約として掲げる候補者を統一候補者にする必要があると判断する。


9月10日の菅義偉官房長官による記者会見で、改めて米軍基地建設阻止を実現するには、埋立申請承認の「撤回または取消」が必要不可欠であることが明確化した。


翁長氏を支持する陣営は、この問題が争点化することを阻止する行動を強めているが、これは、純粋に辺野古米軍基地建設阻止を求める人々の心を尊重するものでないと感じられる。

人気ブログランキングへ

詳報ならびに論評は改めてブログおよびメルマガに掲載させていただく。


シンポジウムはフロアからも活発な意見が提示され、極めて意義深いものになった。


会場には多数の県民の方が来訪下さった。


辺野古で米軍基地建設反対の座り込みを毎日続けておられる方も参加され、現地の立場から貴重な意見も提示くださった。


この貴重なシンポジウムの模様をIWJが生中継してくださった。


さすがはIWJ。GJ!


まずは、IWJが公開くださっているシンポジウムの動画配信をじっくりとご覧いただきたいと思う。


IWJには深く感謝の意を表したい。


2014/10/07
【沖縄】緊急提言 「埋め立て承認撤回なくして、辺野古は守れない!」シンポジウム:植草一秀氏(基調講演)、喜納昌吉氏、上里直司氏(動画)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/177154




植草一秀の『知られざる真実』

10月7日沖縄シンポ開催経緯と10月3日講演内容

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/107103-8f3b.html




10月7日(火)に沖縄県那覇市で開催されるシンポジウム


>http://goo.gl/e38hzF


に参加することになっていた真喜志好一氏がシンポジウムへの参加を辞退されたことがネットで伝えられているが、私のところには何の連絡もない。


シンポジウムは喜納昌吉氏が知事選に出馬を表明する前に開催が決まったもので、もちろん、私も喜納氏の知事選出馬意思表明はまったく想定していなかった。


私としては、知事選を通じて辺野古米軍基地建設を阻止してゆくためには、米軍基地建設阻止を訴える候補者が、仲井真知事の埋立申請承認を取消又は撤回することを確約することが必要不可欠で、このことを確約する候補者に辺野古米軍基地建設阻止を希求する県民が投票を一本化するべきであるとの考えを有している。


これまでの事態の経緯を踏まえれば、翁長雄志氏が埋立申請承認を取消又は撤回することを確約することが最も望ましいと考えている。


この確約が確保されれば、喜納氏は出馬を取り止めて翁長氏を支持することになると考えている。


シンポジウムでは、埋立申請承認の撤回または取消を公約に明記することがなぜ大事であるのかを考察したいと考えている。


シンポジウム開催の目的、主旨は、当初から一切変更がないなかで、出席を表明されていた方が、もし本当に不参加を決められてしまうのであれば、大変残念なことだが、私の主義主張、スタンスには一切のブレがないので、シンポジウムには予定通り参加させていただく意向である。

人気ブログランキングへ

さて、10月3日(金)に開催された『月刊日本』主催の講演会


「強欲資本の手先に成り下がる安倍政権」


の講演内容を、ジャーナリストの高橋清隆氏が、早速まとめて、ブログに掲載下さった。


「高橋清隆の文書館」


>http://goo.gl/xayx6w


ブログ記事タイトルは


「植草氏が安倍政権を両断、「弱肉強食から共生の社会へ」」


である。


講演内容をほぼ網羅して、ポイントを正確に記述してくださっている。


高橋氏にはこの場を借りて深く感謝の意を表したい。


以下にその内容を転載させていただく。

人気ブログランキングへ

「経済学者の植草一秀氏が3日、国会議員会館内で講演し、弱肉強食と戦争を推進する安倍晋三内閣の政策を批判し、対極にある平和と共生の社会を目指すべきと説いた。『月刊日本』が主催し、144人が参加した。


演題は「強欲資本の手先に成り下がる安倍政権」。憲法、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、原発、消費税、基地という5つの重大問題を取り上げ、「主権者の意志に反することが安倍政権によって強行されている」と提起した。


「安倍政権の政策が向かう大きな方向を一言で表せば、弱肉強食と戦争だ。日本国憲法は国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を3本の柱に定め、今も厳然と存在する、多くの国民はこれらの理念に賛同しているはず。弱肉強食と戦争の反対側に、共生と平和という考え方がある」

人気ブログランキングへ

戦争は憲法違反


憲法の問題では、集団的自衛権容認の閣議決定を取り上げた。


1972年の政府見解は、外国の武力攻撃によって国民の生命、自由及び幸福追求の擁利が根底から覆されるという急迫、不正の事態に対処する場合、他に方法がない場合に自衛のための措置が必要最小限度の範囲で許されるとするもので、他国に加えられた武力攻撃を阻止することをその内容とするいわゆる集団的自衛権は認められないと明記している。


1972
年政府見解を用いて集団的自衛権行使容認の解釈変更を行うことにそもそもの矛盾があり、憲法改正手続きを経ずに憲法解釈を閣議決定で変更してしまう行為は立憲主義の否定そのものであり、憲法を破壊する行為だ」


と批判した。


植草氏は、「外交にも多くの国民が知らなかった真実が多く存在する」と指摘し、『日本の国境問題』孫崎享(ちくま新書)の指摘を引用。


「ロシアとの北方領土、韓国との竹島、中国との尖閣諸島をめぐる領有権問題は、いずれも米国が紛争の種を埋め込んだ性格が強い。それにわれわれ国民が踊らされている」


と指摘した。


「日中国交正常化、日中平和友好条約締結時に尖閣の問題を棚上げする措置が取られた。一種の英知と呼ぶべき判断だが、日本側の発言が1996年を境に転換し、2010年の鳩山政権倒壊後に日本側が棚上げ合意を崩す形で動いてきた」


と説明した。

人気ブログランキングへ

原発は差別の構造


原発については、責任の問題を挙げた。


「原子力規制委員会が基準を定め、合格した原発を動かす。判断は電力会社と自治体に委ねる。非常に責任の所在が曖昧だ。


憲法13条が定める国民の生命・自由、幸福追求の権利に対する国政上の最大尊重義務を踏まえるなら、原発事故発生の際に影響が及ぶ範囲の全ての自治体の同意を得る必要がある」


と主張。


安倍氏は集団的自衛権の問題で憲法13条を持ち出すのに、原発稼働では憲法13条を無視するという矛盾を示していると批判した。


わが国の原発が地震の巣の上にあり、日本列島は地震活動期に入っているとの石橋克彦神戸大名誉教授の指摘を示すとともに、大飯原発差し止め訴訟の福井地裁判決(521日)を紹介した。


判決はわが国既往最大の地震動が岩手・宮城内陸地震(08年)の4022ガルなのに対し、大飯原発の耐震基準が1260ガルにすぎないとして稼働停止を命令している。


植草氏は


「最後はお金でしょ」という斑目春樹元原子力安全委員長の発言と、


「危険は人に押し付ける社会が許せなかった」との小出裕章京都大学原子炉実験所助教の発言を取り上げ、


「原発問題には、嫌なものを押し付けて、金で解決する差別の構造がある。これがよい社会と言えるのか」


と疑問を投げ掛けた。

人気ブログランキングへ

基地は埋め立て承認の撤回から


基地問題については、沖縄県の普天間飛行場の名護市辺野古海岸への移設を取り上げた。


「菅官房長官が9月10日の会見で、知事が埋立申請を承認した時点で決着済みと発言したのは許せない。


仲井真知事も2010年の選挙で『県外に移設』と言って勝ちながら、約束を破って埋立申請を承認している」


とやり玉に挙げた。


「埋立申請を承認したのも、今年1月19日に名護市長選で稲嶺進氏が再選される直前だった。


民意の判定の前に埋め立て申請を承認したこと自体がおかしい。


そもそも、知事選、市長選・市議選で5回も住民はNOの意志表示をしている。


原発再稼働では地元自治体の同意が必須と言いながら、基地では地元の不同意を無視するのか」と疑問視した。


「基地はまず、仲井真知事の出した承認を撤回または取り消ししなければ始まらない。


翁長雄志(おなが・たけし)さんは知事選に出馬する以上、明言する必要がある」


と訴えた。


「選挙公約を明示し、当選後はそれを厳守する。これが日本政治を再生させる条件だ」


と植草氏。





Yahooの「沖縄県民が独立を望んだら?」というアンケート調査で「認めるべき」が多数に!



真実を探すブログ http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4075.html






計画が狂ってきた『反琉球独立エセ右翼』の
沖縄県民向け世論誘導工作!






※ 取り込まれていた? 大城浩(おおしろ・ひろし)沖縄県知事候補!

※ 沖縄独立論は『狂った一部の沖縄人の作ったデマ』だと印象
を一般大衆に植え付ける、宣撫活動が行われている。

※ ネット右翼の沖縄知事選及び琉球独立運動対策。 沖縄県民向け世論誘導工作だ!




計画が狂ってきた『反琉球独立エセ右翼』の
沖縄県民向け世論誘導工作!



反琉球独立ネット右翼は大城浩氏に供託金などを提供し裏であやつりわざと少ない票
を取らせ、
「琉球独立に賛成する沖縄県民はわずかでほとんどいない、琉球独立と騒いでいるの
は中国のスパイである、今回の知事選の結果が証拠である」としてプロパガンダに利
用しようとしていた。

しかし、かりゆしクラブと琉球独立派が翁長雄志氏を支援し投票を呼びかけたことで、
この目論見は見事に崩れた。

 つまり、琉球独立に賛成の人たちが翁長雄志氏に投票することで、大城氏には票が
入らず、知事選の結果は沖縄県民の琉球独立賛成の世論調査にもならないし、全く参
考にもならないのである。


翁長雄志氏への投票を呼びかけるかりゆしクラブのホームページ
http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/



リチャード・コシミズ独立党交流掲示板


http://jbbs.shitaraba.net/news/4453/#5

2014 沖縄県知事選情報!

4,30 沖縄県知事選挙に立候補の記者会見

https://www.youtube.com/watch?v=VwaGH-x9ACo

大城浩(オオシロ・ヒロシ)氏のプロフィールです。

大城氏は創価学会2世、創価学会の批判本を出したため

沖縄創価学会の当時の沖縄の責任者であった三盛氏から

創価学会の「除名」処分を受けた人物である。

その後、三盛(みもり)氏(沖縄県・武富島出身)は

なぞの病で『死去』!


真理なき教団 沖縄創価学会

ー学会幹部に宿る 組織崩壊の病理ー

http://www.amazon.co.jp/%E7%9C%9F%E7%90%86%E3%81%AA%E3%81%8D%E6%95%99%E5%9B%A3%E6%B2%96%E7%B8%84%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E2%80%95%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E5%B9%B9%E9%83%A8%E3%81%AB%E5%AE%BF%E3%82%8B%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%B4%A9%E5%A3%8A%E3%81%AE%E7%97%85%E7%90%86-%E5%AE%97%E6%95%99%E6%89%B9%E5%88%A4%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-1-%E5%A4%A7%E5%9F%8E-%E6%B5%A9/dp/4876197768




↑このページのトップヘ