沖縄のカルト・怪事件情報

善良な沖縄県民を支配する『闇の勢力』とは?

2014年11月

沖縄独立は法律的に可能である!

★沖縄人が本気で独立する気でいれば、アジア諸国、ロシア、中南米諸国まで
支援に名乗りを上げるだろう。 日本のヤマト民族が中国と戦争をしたければ『勝手に
日本本州地域でガチンコの戦い』をするが良い、我々は関心が無いのである!


沖縄独立は法律的に可能である!

yara__biggerYARA CHOSUKE


屋良朝助
@YaraChosuke
https://twitter.com/YaraChosuke

独立を含む民族自決は日本加盟の国連で認められ、合法的な独立運動者に対し、心の薄汚い日本人が外患誘致で死刑などと言論弾圧をしている者を日本政府が放置しているのは、民主国家を自称している日本国として恥ずかしく誠に嘆かわしい限りです。

2014年11月29日 1:38








「財政破綻回避には消費税32%が必要」という驚愕の試算結果が発表される!世界一高い日本の公務員給与を減らせば、財政再建出来るのだが・・・  new!!


真実を探すブログ

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4598.html

20141124142508sdfs.jpg

米国アトランタ連邦準備銀行の経済学者リチャード・ブラウン氏らの研究発表によると、日本の財政破綻を回避するためには消費税を32%にする必要があるとのことです。これは今後5年おきに消費税率を5%ずつ引き上げるという物で、ピーク時には32%になるとリチャード氏は想定しています。この計画では年金給付や社会保障なども削減する方針で、増税を遅らせればピーク時の税率が急上昇すると研究チームは警鐘を鳴らしました。

財務省の連中を中心に「消費税増税で財政再建」とか言っていますが、消費税を増税しても財政再建なんて不可能です。過去の増税を調べてみると分かりますが、増税した後に景気がドンドン低下しています。そして、景気が低下した影響で税収も落ち込んでしまっているのです。
リチャード氏のような増税派は消費税を増やしただけ税収が上がると思っているようですが、それは無理な話だと言えます。

逆に本気で財政再建をしたいのならば、消費税を0%にするべきです。消費税を0%にすることで日本はバブル経済期のような景気を取り戻す事が出来る上に、景気が回復することで税収も増えます。消費税率を減らしたことで減少した税収は公務員給与の削減で十分に対応することが可能です。
日本の公務員給与は名実ともに世界で断トツのトップとなっています。公務員給与2位のアメリカと比較して平均年収で2倍も差があるわけで、これも半分にするだけでも年間数十兆円のお金が自由に使えるようになるのです。

消費税の税収も数十兆円程度なので、景気が回復するまで公務員給与を半分にすれば問題はありません。他にも今は税金が0%の宗教団体に課税するという方法もありますし、富裕層の税率をアップさせるということも出来ます。
このように無駄金や税金0%の部分をどうにかすれば、消費税なんて無くても大丈夫です。今の政府は無駄金を大量に浪費したままの状態で増税をやろうとしているからダメなだけで、財政再建の方法は増税以外にも沢山あります。


☆消費税、財政破綻回避には32%へ増税必要との試算 再増税延期で将来の税率上昇の懸念
URL http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141123-00010003-bjournal-bus_all

引用:
米国アトランタ連邦準備銀行の経済学者リチャード・ブラウン氏らの研究(「Braun and Joines, 2011」)は、政府債務(対GDP)を発散(無限に膨張)させないために、消費税率を100%に上げざるを得なくなる限界の年を計算している。結果は消費税率が10%のままならば2032年まで、消費税率が5%のケースでは28年までとなっている。

~省略~

 前出研究によると、日本がデフレから脱却し2%のインフレを実現した場合でも、今後5年おきに段階的に消費税率を5%ずつ引き上げていき、ピーク時の税率を32%にしなければならない。このシナリオは年金給付などの削減など、相当厳しい状況を前提としている。増税スケジュールを遅らせれば、ピーク時の税率が急上昇し、若い世代や将来世代の負担が増す可能性がある。
:引用終了

☆消費税導入・増税が一般会計税収増につながるとは限らない
URL http://www.garbagenews.net/archives/1778034.html


☆「高すぎる?」 日本の公務員給与を世界各国と比較してみた
URL http://matome.naver.jp/odai/2140274305322007501

引用:
アメリカ合衆国 357万円(国民平均給与額325万円)
イギリス 275万円(国民平均給与額240万円)
フランス 198万円(国民平均年収180万円)
ドイツ連邦共和国 194万円(国民平均年収205万円)
イタリア 217万円(国民平均年収200万円)
オーストラリア 360万円(国民平均年収500万円)
日本国 724万円(国民平均年収412万円)
:引用終了

☆日本の公務員数は400万人です。国家公務員100万人、地方公務員300万人です。仮に公...
URL http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311142723

引用:
masa51000さん

日本の公務員数は400万人です。国家公務員100万人、地方公務員300万人です。

仮に公務員1人当たりの人件費を年間1000万円と仮定すると次の不等号式が成り立ちます。

1000万円×400万人=40兆円 > 日本の歳入(赤字国債を除く)40兆円弱

公務員1人当たりたりの人件費を年間1000万円は多すぎると思われる人がいるかもしれませんが、公務員のOBに共済年金の赤字に補填される税金が年間1兆円以上あることや、表にでない多額のお手当て等を考えると決して多い金額ではありません。
:引用終了

☆地方公務員の給料と年収データ
URL http://nensyu-labo.com/2nd_koumu_tihou.htm

koumu-tihou-zu01201404190101.gif

☆米国における地方公務員制度
URL http://www.clair.or.jp/j/forum/c_report/pdf/246-1.pdf

20140419182936amerika0.jpg




衆参不正選挙:創価学会員の方から「幹部からの指令で偽票を書いた。」との内部告発です。


ヤマトで不正選挙が行われる予定だ!

★ヤバクなったら戦争は沖縄でやればいい「国防」の任務は
沖縄だから『どうでもいい』と異常な考えを多数の日本国民が持っている
ならば、沖縄人の最後の選択は『沖縄独立』しか方法は無いだろう!


ヤマトで不正選挙が行われる予定だ!


こんな不正選挙裁判の法廷動画が流出しているのに、なぜ、メディアも司法も動かないのか?

不正選挙が事実だから、国民に知られては困るのです。だから「法廷騒乱動画」という一大事が黙殺されるのです。

リチャード・コシミズblog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201411/article_134.html




衆参不正選挙:創価学会員の方から「幹部からの指令で偽票を書いた。」との内部告発です。













はるかなる琉球王国 ~南の島の失われた記憶~/NHK・歴史秘話ヒストリア

2014年9月3日に放送された、NHK・歴史秘話ヒストリア「はるかなる琉球王国 ~南の島の失われた記憶~」を紹介します。

http://www.at-douga.com/?p=11899

(所要時間:約43分)動画の内容


はるかなる琉球王国 ~南の島の失われた記憶~



アジア各地の産物を集め、中国と貿易することで繁栄を築いた琉球王国。日本の戦国大名である薩摩島津家の侵攻を受け、窮地に陥る。日本と中国、二つの大国のあいだでの生き残りをかけた琉球王国の作戦とは?

日本が幕末の時代に入ろうとしていた頃、琉球には次々と欧米列強の船がやってきます。武器を持たない琉球は、外交交渉でなんとか外国勢力を遠ざけていました。しかし、そこへ来たのが、強力な艦隊を率いたアメリカのペリー提督。琉球王国とペリー、対決の行方やいかに-。

明治新政府が日本の政治を掌握した時、急いだのは国境の画定でした。琉球を日本に取り込む案、あるいは東アジア安定のためとして中国と分割する案…いずれも琉球王国存亡の危機!その時、立ち上がったのは琉球の若者たちです。彼らの奮闘の物語。



※ 中国さん『カルト宗教で侵略する某国』の存在が
わかってきたみたいですね~。


中国共産党、党員の宗教禁止徹底 民族対立の深刻化恐れ

産経新聞 11月16日(日)7時55分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141116-00000054-san-cn


 【北京=矢板明夫】中国の習近平指導部は、「共産党員は宗教を信仰してはならない」という原則を改めて徹底する方針を固めたもようだ。党の規律部門を動員し、宗教を信仰する党員を全国で精査する見通しだ。キリスト教やイスラム教などの信者が増え、党中央の求心力が弱まっていることが背景にあるが、宗教を信仰する党員は少数民族や貧困層が圧倒的に多く、こうした“組織浄化”措置は民族対立などの社会矛盾を深刻化させる可能性をはらんでいる。

 14日付の国際情報紙「環球時報」によると、習近平総書記は今年9月の中央民族工作会議で、「党員は宗教を信仰してはならない。宗教活動に参加してはならないとの規則を堅持すべきだ」と強調した。

 党関係者によれば、党の規律部門は10月ごろから一部地域への「党員の宗教信仰状況」の調査チームの派遣を開始。宗教を信仰する党員に対しては除名など厳罰で臨む方針だという。

 党員の中ではウイグル、チベットなどの少数民族を中心に、イスラム教やチベット仏教を信仰する信者が急増。沿海部の浙江省などで違法とされるキリスト教の地下教会の活動に加わる党員も多いという。

 中には地域の人民代表大会代表(議員)など重要ポストに上り詰めた人もおり、特定宗教を信仰する少数民族が当局と対立したとき、双方の“仲介者”として役割を果たすケースもある。信者党員らの政治的地位を奪えば橋渡し役がいなくなり、当局と少数民族の対立が深刻化する恐れがある。

 8千万人を超える党員の中には貧困や病気などに悩み、宗教に救いを求める者も少なくない。信者党員を追放すれば、「共産党はますます民衆から離れていく」との指摘もある。

 「無神論」を唱える中国共産党は宗教を迷信と位置づけ、1921年の党創設当初に信仰を禁じた。毛沢東が始めた文化大革命(66~76年)の際には、仏像や教会が破壊されるなど厳しく弾圧された時期もあった。一般民衆の宗教信仰は70年代末からの改革開放に伴い、容認へと向かった。




↑このページのトップヘ