沖縄のカルト・怪事件情報

善良な沖縄県民を支配する『闇の勢力』とは?

次の選挙後、訪れる「中国との戦争」


2005年に日米で合意された米軍再編の中で、南西諸島は米軍ではなく自衛隊が守ることが合意されている。

米側が担う「支援」の具体例として「監視、補給、技術指導」を挙げている。

マクデビット氏は、米政府が尖閣諸島を日米安保条約の対象だと公式に説明したことに触れ、「米国はこれらの島をめぐる防衛では日本側を『支援する責務』がある」と述べた。
尖閣問題で「米政府は無人の小島のことで中国軍と銃弾を交えることは強く避けるべきだ」との見解を示した米海軍分析センターのマイケル・マクデビット上級研究員(元海軍少将)は米側が担う「支援」の具体例として「監視、補給、技術指導」を挙げている。

<沖縄基地の虚実2>自衛隊まず対応 米軍は「支援」「補完」

日本を犠牲にする米軍新戦略 辺野古はその最前線基地/伊波洋一(元宜野湾市長)

2016/1/24 コモンズ
http://com21.jp/archives/10777

2005年に日米で合意された米軍再編の中で、南西諸島は米軍ではなく自衛隊が守ることが合意されている。だから、沖縄本島、宮古島、石垣島、与那国島など南西諸島に自衛隊基地建設着々と進められている。そしてそこで「離島奪還作戦」の訓練が行われている。「奪還」とは占領された事が前提、つまり南西諸島が戦場となる事を想定している。

「戦場」とする予定の沖縄から撤退を続ける米軍

 2006年に米軍の合理化と合わせて8000名の兵士と9000名の家族をグアム移転することになった。さらに2012年には兵士の移動を9000名に増やした。最終的には沖縄から海兵隊は全部いなくなるだろう。なぜなら、「戦争になった場合には沖縄と日本を戦場にする」予定であり、戦場に海兵隊を置いておくわけにはいかないからだ

 マイケル・アマコスト元米駐日大使は6月23日の朝日新聞のインタビューに対して、海兵隊の沖縄駐留は死活的に重要なものではないと言っている。もし事故が起きれば日米関係が壊滅的な影響を及ぼすが、毎年2機くらい落ちているオスプレイが毎日宜野湾市の住宅密集地を飛んでいる。沖縄の反対運動は全選挙区の国会議員、知事、名護市長が反対する広汎なものとなっている。それに比べて海兵隊の戦略的意義はどれほどあるのか、また海兵隊はグアム、オーストラリア、フィリピン、ハワイ、米西海岸へ移転すべきだと答えている。同じ事が9月米議会の報告書でも書かれており、基地建設強行に対する懸念が米議会にも生まれている。

 海上自衛隊幹部学校「戦略研究」が2011年5月に紹介した米軍「エアシーバトル戦略」に関する論文では、日本の米軍基地は同盟国の保障を提供するものであったが、中国の軍事能力が高まり、現在では日本の米軍基地は中国のミサイルの射程の中にあり防ぎようがない。それでエアシーバトル戦略についての有効性が議論されている。

 その背景には1997年12月に米連邦議会に設置された国防委員会の提言がある。そこでは「前方展開基地(沖縄など)に対する脅威は確実に増大し2010年から2020年のあいだに現実のものとなる」とした上で、新たな技術と軍の運用によって中国に対する優位性を確保するように求めている。
 その結果として現在の米軍再編がある。その再編とは、世界に散在している米軍を特定のエリアに集中し動きやすくするものである。沖縄海兵隊のグアムへの移転はその一環としてある。

エアシーバトルからオフショアコントロールへ

日本全土を「戦場」にしてアメリカを守る新戦争計画

米軍戦略に基づくヤマサクラ演習(沖縄は壊滅)

米軍戦略に基づくヤマサクラ演習(沖縄は壊滅)


 そして中国からの先制攻撃が行われたら、米軍はまず第一段階で日本から逃げる。中国のミサイル攻撃圏外のテニアンやサイパンへ退避し、第二段階で制空権を琉球列島ラインまで拡大し、それから初めて中国を攻撃する。次の段階では日本本土での戦争が始まる。
 この構想に基づいた日米共同演習がこれまで何度も行われている(通称「ヤマサクラ」)。アメリカが作った戦争計画に基づいて自衛隊は演習をやっている。

 そしてこの戦略は、エアシーバトル戦略から新しい戦略へと変わりつつある。「アメリカ流非対象戦争」戦略という新しい戦略のもと、「オフショアコントロール」によって米軍ではなく自衛隊が南西諸島一帯にミサイル基地を配備し、中国艦船を攻撃する態勢へと構築しつつある。この戦略は米中が全面戦争や核戦争にエスカレートさせないように、その前の段階で終わらせるため、米中両国を戦場しないことを前提に、その代わりに日本を戦場として戦う戦争戦略である。

 安倍総理は2013年9月、ハドソン研究所での演説で琉球諸島の軍事化を示唆し、集団的自衛権の容認、安保法制強行可決と進んできた。そして先島諸島での自衛隊による離島奪還訓練や、宮古島への地対艦ミサイルが配備され、タイヤ付きの島内高速移動可能な戦車が生産され、配備されることになっている。そういう戦争が行われようとしている。

 日米安保は米軍が日本を守るんじゃなかったのか? 日本を戦場にしアメリカは安全地帯に逃げるという戦略を日本に隠しながら、それに基づいた配備が着々と進んでいる現在、私たちは自分たちの国を自分でなんとかしなきゃならないだろう。


「東村高江で米軍ヘリ墜落」地元住民に「2割を犠牲にしてでも8割を生かした方がいい」(過去の村長発言)

東村長「失言」撤回 ヘリパッド工事関連で

 北朝鮮軍が日本に上陸するとされる重要地域とは?

【北朝鮮拉致】
北工作員の関連事件が頻発した秋田県北部の海岸線を調査会が現場検証した 「ここならどこからでも入れる…」2016.6.28  産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/160622/prm1606220004-n1.html

東北地方の日本海側に面する秋田県では昭和30年代から、北朝鮮工作員が関係する事件が確認されている。その多くは、秋田県を日本への密入国と日本からの密出国を目的としたものだった。拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」は6月10日に秋田県で現場検証を実施。秋田県が北朝鮮工作員の「中継地」として使われていたという仮説を打ち出した。さらに事件のほとんどは秋田県北部に集中しているという「謎」も浮かび上がった。

2カ月間に工作員の3遺体発見

 秋田県北西部の日本海に面した能代市。その沿岸に昭和38年4月と5月、北朝鮮工作員の遺体が相次いで漂着した。4月が「第一次能代事件」、5月が「第二次能代事件」と知られる事件だ。

 第一次事件では、工作員2人の遺体、第2次事件では、工作員1人の遺体が見つかった。いずれも日本への密入国を図ったととされ、拳銃(けんじゅう)や米国紙幣、暗号の解読に使う乱数表などを携行していた。

 能代事件を代表に、秋田県は北朝鮮工作員が関係する事件が頻発する舞台となった。調査会が確認したところ、密入国事件や密出国事件など北朝鮮工作員がかかわった事案が14件確認された。


秋田県は北朝鮮工作員の玄関 - 秋田雑談総合掲示板|爆サイ.com
http://bakusai.com/thr_res/acode=2/ctgid=104/bid=347/tid=4106274/




統一教会の文鮮明は昭和天皇の暗殺を計画していたと語った

右翼が激怒する日本人に見せられない文教祖のヤバイみ言葉(1)

■文教祖は昭和天皇の暗殺を計画していたと語った


統一教会で天皇関連の事件といえば世界日報の副島事件がありました。

世界日報の編集長だった副島嘉和氏が統一教会での秘密儀式で文教祖に久保木会長が天皇の身代わりに拝礼しているという記事を内部暴露掲載しようとしたところ、雑誌の発売直前に帰宅途中、暴漢に路傍で全身をメッタ刺しにされました。
文藝春秋1984年7月号に「これが『統一教会』の秘部だ―世界日報事件で『追放』された側の告発」という手記を発表しようとした直前の出来事でした。

文教祖は天皇のことを本気で自分の下にかしずかせたいと思っていたのでしょうね。
表向きにできないから「秘密儀式」だったんでしょう。
天皇の身代わりに文教祖に拝礼させたというだけでも大騒ぎなのに、「天皇暗殺を計画していた」となったら一体どうなるんでしょうか。

また以前、2012年6月16日に日本統一教会は「天皇改宗論」の思想は当法人の見解でないと公式HPに謝罪記事を掲載しています。なぜ謝罪記事を掲載したかというと統一教会柏教会の教会長M・M氏が「天皇改宗論者」の黒田かんご氏(非教会員)のブログを教会員に推奨・支持していたため、教会長M・M氏も「天皇改宗論者」ではないのかと指摘されたためです。それを否定する内容を教会本部側と地方教会側がHPに掲載したのです。

「統一教会は天皇を改宗しようとしている」という発言や、噂が流れただけでも、このように敏感に謝罪・対応しなければいけないわけです。それだけ日本人にとって「天皇陛下」は特別な存在なのです。

それでは韓国人であり、統一教会創始者の文教祖がもし「天皇を暗殺しようとした」と発言しようものなら日本人はどう反応するでしょうか。

文教祖が併合時、日本留学していたとき皇居の二重橋の爆破や天皇暗殺を計画実行しようとしたと韓国では何度も語っています。
もちろん韓国では親日法があるため日本に好感を持っていても親日派を名乗ることは韓国では不可能ですから、韓国内で生きていこうとすれば「反日・抗日」に徹するしかありません。

そういう意味で単にポーズで「昭和天皇暗殺まで計画した独立運動の闘士」だったと韓国人に対して自慢したのか、過去に実際に独立反日運動に加わっていたかは、資料が少ないのではっきりしませんが、み言葉でははっきりと「裕仁天皇を私が暗殺しようと決心した」と語っていますが・・・・。

昭和天皇暗殺計画の文教祖のみ言葉

『文先生にとって日本の国は最初の怨讐の国でした。日本の(皇居の)二重橋を自分の手で破壊してしまおうと思いました。裕仁天皇を私が暗殺しようと決心したんです。自分の国(韓国)を愛さない人は、世界を愛することができません。』
(第40回真の万物の日のみ言葉 2002年6月11日 清平修練院)

先生は裕仁天皇を二重橋を越えて(皇居に侵入して)殺してしまおうとした地下運動のチャンピオンだったんです。その話は理解できないでしょう。そのような学生時代に日本の婦人たちに無視された場合もたくさんありました。』
(「文鮮明先生み言葉選集」305巻より)

『だから先生の家も3.1運動の代表でした。先生も地下運動をした代表だったんです。韓半島を走る列車の車輪の上で夜を明かし東京と満州の間を行き来しながら連絡を取っていた人だったんです。国(韓国)を愛さない者は神の国を愛することができません。それで(皇居の)二重橋を超えての宮殿(皇居)を自分の手で破壊してしまうと思ったんです。
(「文鮮明先生み言葉選集」306巻より)

『(皇居の)二重橋を破壊するための責任を負われた人が先生だったんです。宮殿(皇居)破壊のための地下運動のリーダーでした。』
(「文鮮明先生み言葉選集」325巻より)

『日本を自分の手で、二重橋を自分の手によって清算(処分)するための責任を任された人です。地下運動の責任者でした。日本の国、怨讐(敵)を自分の手で握り消そうというのです。』
(「文鮮明先生み言葉選集」352巻より)

『あ、そこに日本宣教師たちが来てますね。先生が一番怨讐として思ったのです。日本天皇を私がつかまえて殺そうと工作した人です。裕仁(※ここは呼び捨て)は霊界(あの世)に行っただろう? 地下運動もしてすべてそうだったんです。仲間たちが釜山から北京までスパイ役をしながら、(汽車の)車輪が四つあるのですが、その上に挟まって乗り、国境を出入りするそんな賭けをしながら運動したもんだよ。そんな話はしなかったでしょ? 国を愛せない人が天(神)を愛することはできません。』
(「文鮮明先生み言葉選集」376巻より)

『文先生にとっては日本の国は一番の怨讐の国でした。日本の(皇居の)二重橋を私の手で破壊してしまおうと思いました。裕仁天皇を私が暗殺すると決心したのです。
(「文鮮明先生み言葉選集」381巻より)

日本の国の王宮(皇居)を先生が爆破するための地下運動をした人です。裕仁(※ここは呼び捨て)を怨讐(敵)として自然屈服がだめなら力でもって殴ってでもしよういうことです。上海臨時政府の金九先生を中心として釜山から安東県まで行く愛国運動をする青年たちをどのように行ったのか。車中(客車)に乗れば百発百中捕まります。走る急行列車の四つの車輪の上に入り込んで。何日だったか? そこで十時間以上過ごさなければならないんです。そんな人々と先生が運動したが・・・』
(「文鮮明先生み言葉選集」447巻より)

『(日本を)殴って捕まえるか、どのようにするか。(日本は)怨讐中の怨讐であるために二重橋宮殿(皇居)を私の手で爆破しようとしたのです。裕仁(※ここは呼び捨て)を私の手で処理するのだと思った人です。しかし神様の心情を見る時、怨讐を愛しなさいと言うのです。二重橋の前を通る度に「奴の二重橋がいつ破壊されるか見てろ」と思いました。』
(「文鮮明先生み言葉選集」402巻より)



 エネルギー革命、送電線のいらない時代になる!

送電線のいらないコードレスの時代が来る

株式会社 リウデン 情報発信ブログ!
http://riudenco2346.ti-da.net/e7608351.html



送電線のいらないコードレスの時代が来る!

木内鶴彦さんをご存知でしょうか?
このブログでも再三取り上げました。ユーチューブの「いま知ってほしい事」の中で、将来そのような時代が来ると言っています。1時間12分の長いビデオですが一見の価値があると思います。



前半は著書「生き方は星空が教えてくれる」に書かれている臨死体験と過去と未来の世界を話しています。55分頃から高効率の太陽光発電と、5年間交換不要の高性能炭素電池で家電のコードレス化と、送電線のいらない時代が来ると言っています。

中東の砂漠地帯で発電し、規格化された高性能炭素電池を作り世界へ供給する。
石油に頼らない産業を創出する事が出来るし、火力発電や原子力発電のいらない社会にする事が出来ると言っています。夢のような話です。

木内氏は現在の社会・経済環境に警鐘を鳴らしています。
1.地球は長い年月を経て、二酸化炭素を地中に閉じ込め、生き物が住みやすい環境にしてきた。しかしながら、お金儲けのために石油や石炭から、生活に必要な物作りを始めることで、環境の破壊を続けてきた。
2.原子力発電は稼働し始めると、止める事が出来ないので、夜間の照明の奨励や、24時間営業を促進してきた。
3.樹木が夜間照明で疲れきって、樹木が枯れ始める危険性が叫ばれている。
4.樹木が死に始めると、二酸化炭素が増え始める。
5.二酸化炭素は重いので、朝方に低い所に溜まるため窒息死する人が出てくる可能性がある。
6.現在の社会環境は、循環型の自然環境になく、いつの日か破たんする可能性がある。
7.お金の価値が亡くなった時、食べ物を求めて、暴動の発生、暴徒化、殺し合いが始まり、多くの人が死滅する可能性がある。
8.少数の人間で、原始的暮らしを余儀なくされることが考えられる。
9.私たちがそれに気づき、バランスの良い経済産業構造にし、子供たちに伝えていく生き方をする必要がある。

以前「井出 治」氏のフリーエネルギーを紹介した事があります。このような画期的な技術が世に出てこないのは、「石油利権」「発送電利権」「化学肥料利権」

「○○利権」が金もうけ主義に走っていて、循環型地球環境に向っていけない現状があるのだと思います。

現状の金もうけ主義の経済産業構造から循環型地球環境にソフトランディングし、送電線のいらない社会や、一回の充電で5年間使用できるコードレス家電や、電気自動車が使える夢のような時代が来てほしいと思います。

ありがとうございます。

            Yonaha




  1972年日本復帰以降 「沖縄の社会構造」とは?

 

277琉球民族 :2017/06/25(日) 13:12:27 ID:qZLSInn.0
現実の沖縄!貴重な人材を失った沖縄戦の影響か?

市民オンブズマン、一級建築士の豊里誠美(とよざと・せいび)氏が暴露
1972年の日本復帰後、沖縄は官も民も金の亡者だらけになった!

「行政とはどのようなものか~」豊里誠美氏講演全編きれい版 (動画43:30~)
https://www.youtube.com/watch?v=Y6LqPa2XzZE

佐藤栄作は、国策として「公印偽造による裏金づくり」を72年沖縄返還時に密かに実施。
その目的は県内政治家と各地町村の議員の買収。復帰40年その裏金の魔力は県内全域
を汚染。命どぅ宝から銭どぅ宝の沖縄 (市民オンブズマン わらびの杜‏ )
https://twitter.com/kento_sekkei/status/741247227121668098?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fhelios40.blog.fc2.com%2Fblog-entry-1757.html


278琉球民族 :2017/06/26(月) 18:31:54 ID:qZLSInn.0
沖縄返還時の「沖縄密約」は三つ。

①アメリカへの6億5千万ドルの一括払い、
②「公印偽造による裏金づくり」による県内政治家の買収、
③県教育庁の買収による日本国憲法の無力化。
その目的は沖縄への基地の永久固定化 (市民オンブズマン わらびの杜‏ )
https://twitter.com/kento_sekkei/status/879103000156839936?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fhelios40.blog.fc2.com%2F

市民オンブズマン 豊里誠美さんは

市民オンブズマンとして「孤立を怖れず発信」
行政の不正や腐敗を追求してきましたが、経営していた設計事務所まで
廃業に追い込まれています。



暴力団組長を逮捕 那覇署 証人脅した疑い

008


2017年 10月 8日(日) 沖縄タイムス


那覇署は7日、配下の組員が関わった事件の被害者
に対し、被害を申し出ないよう脅したなどとして、指定
暴力団旭琉會三代目富永一家中山組組長の自称
自営業、中山貞博容疑者(66)=西原町=を証人等
威迫の疑いで逮捕した。

調べに対し、「脅してはいない」と容疑を否認している
という。

逮捕容疑は5月13日ごろ、配下の組員が関わった恐
喝事件の被害男性(38)を、電話で「今後いい付き合
いができなくなるね」などと脅した疑い。

男性と中山容疑者は知人という。


↑このページのトップヘ